初めての生姜焼き作り

今日は、母親が仕事から帰ってくるのが遅いということで、料理を作っていて欲しいと言われました。

豚肉があるので、豚の生姜焼きを作っておいてと言われたのですが、私は未だかつて豚の生姜焼きを作ったことがありません。
まずは、ネットでレシピ検索をしないといけません。

折角の料理なので、美味しいものを食べたいので、失敗をしないように、きちんとしたものを作りたいと思います。

学生の能動的な学習を重視しています。
SE専門学校をお探しならココがおすすめ!
学校で学んだことを武器にして自分の就職先を切り拓きます。

一度作ってしまえば自信がつくのだとおもうのですが、今は、失敗したらどうしようかという不安がいっぱいです。

とりあえず、レシピを検索して自分でも作れるような簡単なものがないかどうかを見ていきたいと思います。

豚の生姜焼き以外に、ほうれん草もゆがいておいてと言われ、ほうれん草の湯がき方も先ほどネットで検索をしてやってみました。

根元に結構、土みたいなものが付いていて、取るのが難しかったのですが、成功したので、今度から作るときに、自信が付いて、良かったです。

海苔をもっと食べるようにしましょう

友人から焼き海苔をたくさん貰ってしまいました。
その友人も、その海苔は貰ったものらしく、たくさん貰い過ぎて食べきれないからと言って私にわけてくれたのでした。

最近の若いひと達は焼き海苔をどれくらい食べてするのか判りませんが、私はいろいろな場面で焼き海苔を食べています。
例えば、カップラーメンなどを食べるときでも焼き海苔を入れるとちょっと豪華になるような気がします。
お味噌汁に焼き海苔を入れても美味しいです。
インスタント味噌汁は具の少ないものが多いのですが、そんな具の少ないインスタント味噌汁でも焼き海苔を入れるとちょっとだけですが豪華になります。
野菜サラダに焼き海苔を小さく切ってパラパラと振りかけて食べるのも私は好きです。
サラダにパラパラと細かく焼き海苔をかけると見た目もオシャレになったような気がします。
焼き海苔は料理に使っても味が悪くことはありません。海苔は海藻なので消化の助けにもなってくれます。
便秘解消にも役立ってくれると思うので焼き海苔はいろいろと使って食べると良いと思っています。

ハイクオリティーでローコスト快適な暮らしを実現します。
建売を横浜で考えるなら。
快適・安心・高品質な住まいを納得のいく価格でお届け致します。

後日、上司の同僚の方からいろいろと大変なんだよと言われ、飲まなければやっていられないことも
あるということを伝えられました。
同情できるようなできないような、結局荷物をなくしては元も子もないような気がします。
私は飲まずにストレスを発散できるように安心安全な方法を見つけます。

季節の変わり目

季節の変わり目になるとどうしても欲しくなるのが新しい洋服。それほど流行に敏感ということはありませんが、元々洋服が好きでついつい洋服に目が行きます。もうすぐ40代突入という年齢の事もあり、そこまで流行を追うことはなくなりましたがさりげなく流行を取り入れた服を選ぶようにしています。

飲み物はこだわりの国産ワインに加え女性のお客様にもうれしいカクテルもたくさんあります。
横浜駅で居酒屋ならここが人気!
女子会等や小さなご宴会、忘年会等大人数でのご宴会などさまざまなプランも充実!

洋服を買う頻度って人によって違うようで、すごく展開の早い人もいるしいつ流行った服?というような人もいます。私は多分、服を買う展開が早いタイプでついつい買い足しをしてしまいます。それも季節の変わり目に必ず洋服が欲しくなるのです。以前は夏前に新しいアイテムの洋服を買いました。そして、本格的な秋に突入しようとしている最近になってまたまた新しい洋服を買い足してしまいました。自分の中では今度は買わないと決めてはいるのですが、1、2個ならいいかと自分に甘くなってしまいます。高額なものではないのでお金に影響はないですが、少しは我慢を覚えないとなと反省しています。

夫婦のふしぎ

今の夫と結婚して早数年が経とうとしていますが、泣いたり笑ったりケンカしたりすれ違いがあったりと本当にいろいろなことがあり、夫婦関係を見つめるたびに一種のふしぎがあることを感じています。

その一つに、同じ寝室で同じベッドで寝ているということにこのふしぎの秘密があるように思います。同じふとんで寝ている夫婦はケンカをしても仲直りしやすいということを聞いたことがありますが、ケンカやすれ違いがあっても寝ている相方にふとんをそっとかけてあげたりするところに、こういうのをキズナとかそう呼ぶのだろうかと思ったりします。

生活の質の向上を目指した診療。
往診ならふじみ野中央クリニックがおすすめ!
最新・最適の診療で安心。

どんなに仲がいいラブラブ夫婦であれ、100%完全に分かり合うことができないものが男女間にあるからこそ、男女間を隔てる川の橋渡しをするのが性愛だということを最近見聞きし、確かにそれは云えてるかも、と妙に納得してしまいました。

性愛はお互いの本質のようなものや性格や誠実さ、いかにお互いを分かり合えているかを反映するものですが、必ずしも精神的に心と心で分かり合えている=性愛も一致ということではなく、むしろ分かり合えない部分が少なからずあるからこそ男女にそこを補うよう性愛というものが与えられているのかも、なんて思ったりしました。

時間が経ってみて

私には一年ほど前に別れた彼氏がいます。お互い年齢的なことを考えて、漠然とこの人ていつか結婚するのかなぁと思っていた相手でした。
それが、ちょっとしたケンカをきっかけに心が離れていき、口では仲直りしたと言っておきながら、全然気持ち的に納得できなかったようで、仕事が忙しいみたいなことを言われ、会わない日々が続きました。私も忙しい時は会えないので、落ち着いたらまた元に戻るだろうと軽く考えていました。
春になり、人事異動で更に忙しい部署に彼が異動になりました。それまではmailは見ていて返信はありましたが、そこになってからは返信もままなくなり、遂には音信不通に。最後に1度電話したら、話し合いはすると言われたけど、それもなく今日に至ります。
何が原因かもハッキリしなかったので、かなり引きずりました。
しかし、時が経ってみるとそんな不誠実な人と別れて良かったと思えるようになりました。
今、私は日々充実しています。
http://www.raku2chin.com/

格安スマホのお店へ行ってきました

近くのショッピングセンターにある格安スマホの店に行った。
結構お店は混んでいて、空くまでしばらくショッピングセンター内をうろうろしてから再度店頭へ。
そこで対応してくれたお姉さんの化粧がすごい。つけマツゲがすごい!
自分自身が以前にお堅い仕事の窓口で仕事をしていたのでこういうお姉さんを見るとびっくりしてしまう。
そして話し方もチャラい!声が高くて大きい。
うーん、私はこのノリに付いていけない。
隣のブースでも同じような女性店員が対応していたけれど、お客さんはとても楽しそうに話をしている。
そういえば、別のお店の窓口で対応してくれたお姉さんがすごい派手なネイルをしていた。
以前勤めていたお堅い職場にはそれはそれは怖い女上司がいて、ネイルをしてこようものなら鬼のように怒られただろうなとか思ってしまった。
当時は化粧、服装、髪型にはかなり気を遣ったものだ。
別に厚化粧の店員が嫌だとかネイルが派手な店員が嫌いというわけでは無い。苦手なのだ。
すごく話をしにくいので少し話を聞いただけで店を出た。

ふと地元の団地の地図で書かれた電話番号を見ましたら、ずいぶんいいかげんだなあって笑ってしまいます。
名前です。知夫が和夫になってたり、櫻井が桜井になってたり、孝之が考之になってたり、高嶋が高島になってたりとほんといいかげんですよ。

まあ分かるからいいですけど。

でもこれ、地元のただの電話帳だから笑ってすませられるけど、いくらなんでもちょっといい加減ですよね。間違って書かれた人のことを全く考えてないっていう。

多分、結構高齢の人だろうな。その世代って適当な人はほんと適当ですから。
まあ、私そういう人のほうが楽でいいけど。なにやっても小言言う人より。
ただ適当で済ませられるものとそうでないものは区別すべきですよね。

それと時代だなあと電話帳を見ていて感じることは固定電話の番号でなく携帯の番号な家がぽつりぽつりいることです。固定電話は私の家でもほんとまず使わないですね。
だからそれを勿体ないという人は加入権も高いから買わないのでしょうね。
リノベーション物件を改装してマンションの価値を上げる革新的手段です

歳の差婚へのあこがれ

先日、友達の結婚式に出席してきました。
彼女は中学と高校が同じで、いつも一緒に遊んでいた3人組の1人です。
いわゆる適齢期の27歳で結婚した彼女の旦那さまは、今年42歳のバツイチ。
彼女より彼女の親との方が年齢が近い旦那さんで、いわゆる年の差婚でした。
彼女はいつも元気でアクティブですが、それゆえに人を振り回してしまったり、何でも自分で決めたい性格です。
ですが、旦那さまは年が離れていてとても大人なので、そんな彼女の願いを叶えつつ上手くやれているんだろうなと思いました。
お似合いのお二人でした。

3人組のもう1人の彼女もその結婚式に出席していたのですが、隣には歳の差20歳の旦那さんが。
彼女は大学卒業後すぐに結婚したのですが、おっとりした彼女のペースに合わせつつしっかり引っ張ってくれる大人な旦那さんとはとても仲が良くて、いつも幸せそうでした。

なんと私の親友二人とも、いわゆる年の差婚をしたのでした。
周囲にはやっぱり歳の差婚に対する抵抗があったり、心ない事を言う人もいたそうです。
親に心配されたという話ももちろん聞きました。
ですが、私は学生の頃から年の差婚に憧れるくらいだったので、二人がとても羨ましかったです。

そんな私は婚約中。
どう言う訳かずっと歳の差婚に憧れていた私だけ、2こ上の男性という普通の結婚の落ち着きそうな事が親友二人の笑いのタネになっています。圧倒的客付を誇るゼロ賃貸

駅ホームのスタッフさんを見て

朝の電車の混雑タイムには駅ホームにたくさんの整理スタッフがいる。電車に乗り込んでしばらく、途中の駅でとびきり大きな声を張り上げているおばさんスタッフに出会う。ドアが開くのに合わせて「大きな声で失礼します」とまずはお詫びの第一声入れてから、駆け込んでくる人を誘導したり、出っ張ったカバンを引くように注意したり、ずっと声を出している。たしかに大きな声で、近くで聞くにはきついけれど少しも嫌な気がしない。見ていて仕事人としてとても一生懸命だし、乗客の安全を守ってくれているのだし、使命感に燃えているというか、あの大きな声を出し続けるのは本当はなかなかしんどいことだろうし、何しろ最初にお詫びを入れている。電車が混雑のせいで数分遅れたくらいでも、車内では車掌さんがお詫びアナウンスをしている。なにもかもとても日本人的だなと思う。ひと言あるかないかで、実際相手に与える印象はずいぶん違う。ひと言のおかげで相手の気持ちが穏やかになって物事がスムーズに進むなら、ここまでしなくてもと思うようなやさしいひと言も言える人になりたいと思う。
大宮 ホテル

病気に罹った犬を守ってほしい

最近観たテレビで、ペットショップで買ってきた犬が病気に罹っていたということを取り上げてやっていました。
病気に罹っている犬を買ったお客さんは、診断書を持って購入先のペットショップへ行ったところ「同じ犬種の犬と取り替えますか?」と言われたそうです。まるで品物のような扱い方だと思ってしまい驚きました。私も犬を飼っていたのですが、一度飼い始めてしまうと、愛着がわいてしまい中々手放せないことでしょう。
私の愛犬も、老犬になってしまった頃病気に罹り、動物病院で診察を受けたり入院をしたりと、とてもお金が掛かりました。診断書が先天性であるかどうかによって、ペットショップによっては購入代金を全額返金してくれたり、治療費を支払ってくれたりする場合があるそうです。それはそれで安易にお金で解決するような感じがして気分を害します。
お店側も、売りに出す前に犬の病気に気が付かなかったのかと思いましたが、先天性の病気は発見できない場合があるそうです。
いずれにしてもどこで病気が発見されたにしても、犬の大切な命なので生涯を全うできるように守っていってほしいと思いました。
コンテナ販売の北川商事

父に対しての想い。

父が亡くなってから、もう少しで20年が経ちます。
そして、夫と知り合ったのも、もうじき20年が経ちます。
私の人生はいつも、いろんな人に助けられてばかりだと思いました。
父は、いつも仕事ばかりしていて忙しそうでした。

休日の日でも、仕事に行く事が多かったので、家族でゆっくり過ごした時間は少なかったと思います。
それなので、私は父に何もしてあげられませんでした。
亡くなる直前に、病院で苦しむ父の背中をさすったのが、唯一の親孝行だったと思います。
もっと、優しい言葉をかけてあげれば良かったと、今でも後悔しています。

亡くなった父と、入れ替わるようにして出会ったのが夫です。
夫は、父と正反対のタイプで、家族団らんで過ごすのが大好きです。
私にも優しくて、家事もよく手伝ってくれます。
休日になると手料理を食べさせてくれたりもします。
いつも楽しそうに、穏やかに生活しています。

同じ人生なのに父と、全く異なります。
今は、父に対して感謝の気持ちしかありません。
父に出来なかった事などを、今生きている母と夫に、たくさんしていこうと思います。
レンタルカートのF.ドリーム平塚